カフェバジルとHANA展

先日、飯塚のさかえ屋本店にある風の音ギャラリーを訪ねました。1Fの売り場の横にカフェがあり、まずはそこでアップルパイとコーヒーで一服。広い店内と、お店の方の笑顔、テーブルに添えられたほのぼのエッセイ、おいしいパイをほおばりながら幸せな気分になりました。カフェの2Fがギャラリーになっているのですが、こちらもとってもアットホームな雰囲気を漂わせたギャラリーでゆっくりと作品を鑑賞することが出来ました。カフェとギャラリーの相性ってやっぱりいいですね。
さて昨日、ガラス工芸などを常設している当館別館アートスペース谷尾内に「カフェバジル」がオープンしました。ここでは数種類のコーヒーを楽しめるほか、日替わりランチや直方B級グルメの焼きスパも食べることができます。また、カフェの中にある旧電話ボックスでは約二ヶ月ごとに様々な作家の作品展が開かれます。今月から来月25日までは「HANA展‐Heart of the girl」を開催。この電話ボックス展シリーズでは初の試みで、ボックスのみならずカフェ店内の壁面にもHANAさんの作品を展示しています。是非、カフェバジルでゆったりとした時間をお過ごしください。
また、今月に入って同じ通りに「ビストロ直方」や「画廊喫茶カンヴァス」など新しいお店が続々と出来ています。この秋、直方にぶらっと散歩に出かけるのも面白いと思います。
d0079201_1419507.jpg
d0079201_14193962.jpg

[PR]
by nogataartmuseum | 2011-11-06 14:22 | スタッフのひとりごと