遅くなりましたが、子どもスタッフ解散式報告

次回の展示準備の大詰めを迎え、しばらくブログが中断してしまいました。大変遅くなりましたが、今月の18日で終了した「子どものための美術館7」の解散式の様子をご報告します。解散式は最終日18日の16時から行い、子どもスタッフとその保護者、サポートスタッフ、職員が出席。財団の事務局長のあいさつに続いて、子どもスタッフ一人ひとりに修了証が手渡しました。またサポートスタッフの方々には感謝状をお送りしました。子どもスタッフがそれぞれ、一年を振り返っての感想を発表しましたが、みんなしっかりとした口調で堂々と発表していて、その姿に感動しました!感想の中で多かったのは、大学生たちと交流できたことが楽しかったということや、人前で話すことが苦手だったけど、活動を重ねるうちに自信をもって発表できるようになった、たのしくなったということなどです。人前で自分の考えを伝えることが、以前よりできるようになったという声は保護者の方からもお聞きすることができました。美術館の活動は、見て、考えて、言葉にして、伝えるという作業がメインだったりするので、そのあたりが子どもスタッフの自信につながったのであれば嬉しいです。
最後は、「子どものための美術館7」の看板を外して記念撮影。凸版印刷さんが解散式に取材に来られていたので、カメラマンさんに撮影をお願いしちゃいました。みんないい笑顔でした。1年間おつかれさまでした!そして本展にお越しいただいた方々、応援して頂いた方々に心よりお礼申し上げます。
[PR]
by nogataartmuseum | 2012-03-28 09:32 | 子供スタッフ