若宮小学校で移動美術館授業

本日若宮小学校に移動美術館授業に行ってきました!
若宮は山喜多二郎太の故郷。ってことで二郎太の墨彩と油彩を1点づつ。
また、今年の春当館で展覧会をした日本画家の森田秀樹さんも同小学校出身。ということで水彩を1点。
さらに小学校玄関に飾ってあるのが森田秀樹さんの作品と真隅太荘さんの作品。というわけで真隅太荘さんの作品を1点。
さらにシルクスクリーンや日本画、木彫など合わせて8点の作品を図書室に展示し、3年生の授業を行いました。今日のメニューは直方谷尾美術館特製、「鑑賞のための7つ道具」を使って作品を楽しむこと。
これは昨年も同小学校の授業で使ったのですが、そこそこ評判が良かったようですので、再び登場です。
「作品の声の聞こえる聴診器」や、作品の硬さがわかる「やわらかたいメーター」、作品の臭いが嗅げる「にお糸電話」、「作品の温度がわかる温度計」、「作品の味がわかるスプーン」、「とにかくよく見える虫めがね」といった道具を駆使して、楽しく鑑賞しました。
d0079201_21205810.jpg

3年生の授業の後、5年生も教室にやってきて鑑賞しました。男の子たちが花田一男さんの利休像とにらめっこをはじめたりして、なんとも愉快な時間を過ごしました。
[PR]
by nogataartmuseum | 2012-11-08 21:26 | NEWS