小林夏美展「想い、漂い、ユメを見る」

アートスペース谷尾の電話ボックスの展示が新しくなりました!安藤圭汰さんにかわって小林夏美さんによる展示です。
展覧会タイトルは「想い、漂い、ユメを見る」
以下は作家のことば。



ベッドに横になっている時、起きているという自覚はあるのに、

夢を見ているような感覚に陥ることがある。

現実と夢の間を漂っているとうな感覚。

現実で起こった出来事に対し何を感じ、行動し、何を見るのか。

夢は自分の精神状態や未来の暗示を示すともいわれています。

現実と夢との間に漂う「自分」は何を意味し、何処へ行くのか…。


d0079201_16295995.jpg

開催中~1月13日 (月曜日、12月29日~1月3日は休館)
[PR]
by nogataartmuseum | 2012-11-14 16:33 | アートスペース