赤崎水曜日郵便局

今日は水曜日。

気のおけない人たちとの楽しい時間を過ごした今日の出来事を、手紙に書いてみようと思います。

あて先は“赤崎水曜日郵便局”。

ここに水曜日の出来事を書いて手紙を送ると、面識のない誰かの水曜日の出来事が書かれた手紙が送られてきます。
d0079201_21113877.jpg

熊本県の津奈木町にある旧赤崎小学校を使った不思議なプロジェクト。

ご存知ない方は、赤碕水曜日郵便局のサイトで、ぜひこの旧赤崎小学校の姿をご覧下さい。

本プロジェクトのプロデューサーを務める、つなぎ美術館の楠本さんと雑誌の座談会でご一緒した際、この小学校の写真を見せていただき思わず二度見してしまいました。

海の上にある学校。

ここではどんな小学校生活が送られていたのでしょうか。

「昼休みになると目の前に広がる海で泳いだり、廊下の窓から魚釣りをして楽しみました」(HPより)って、うらやましい!

かつて子ども達の元気な声が響いていた学び舎が、水曜日の郵便局という風変わりな場所となり沢山の人と人をつなぐ素敵なプロジェクトに注目です。

赤碕水曜日郵便局のサイトはこちら。局長メッセージやプロジェクトの概要を知ることができます。便せんのダウンロードもできます。
http://akasaki-wed-post.jp/

ただしここのサイトは水曜日しか全貌を見ることができません。水曜日にチェックしてみてくださいネ。
(中込)

d0079201_21114235.jpg

写真は今日うかがったギャラリーYANYAにて。写真を展示している重松希さんにつくっていただいたカキ氷。重松さんは当館でも展示をしていただいたことのある作家。鉄を使った作品が中心ですが、今回まさかの写真展。今月27日まで。
[PR]
by nogataartmuseum | 2013-07-17 22:28 | スタッフのひとりごと