【子どもスタッフレポート10】

気が付けば10月。展覧会「子どものための美術館」開催まであと3ヶ月をきりました。
今日の子どもスタッフ会議は、平面で描かれた絵を立体にする試み。絵には描かれていない部分も想像してつくります。難しそうな内容ですが、子どもたち頑張りました!以下、子どもスタッフによるレポートです。


今日はねぶた風オブジェ作りをしました。
「大きな木」と「夜の歌」という絵を立体的にしました。
d0079201_16594173.jpg

「大きな木」には、はっぱがついていたり、くだものがついていたりします。
木で体をささえるものを作り、はりがねで骨組みをつくります。
d0079201_16594927.jpg

骨組みの中にライトを入れ和紙をはって完成です。
今日ははりがねの骨組みのとちゅうです。
d0079201_16441136.jpg

むずかしかったけど、楽しい作品ができそうです。
次もがんばろうと思いました。

(文 子どもスタッフ広報係 わたる、らん、しゅうじ)
[PR]
by nogataartmuseum | 2014-10-05 17:03 | 子供スタッフ