プレゼンテーション賞を受賞しました!

子どもスタッフたちがやってくれました!
岐阜で開催中のフラッグアート展でプレゼンテーション賞を受賞しました。(フラッグアート展2014ホームページ)

以前より本ブログの子どもスタッフレポートでお伝えしていましたが、現在岐阜で行われているフラッグアート展に、子どもスタッフが制作したビッグフラッグを出品しています。
子どもスタッフは度々、直方の商店街でビッグフラッグを飾っていましたが、今回は街の外に飛び出しての展示となりました。
描いたのは直方の街の昼と夜の様子。街中に猫を登場させ、子どもたち一人ひとりが猫たちに思いを込めました。(出品作一覧)

このフラッグアート展の大きな特徴として、現地での公開審査があります。審査委員長の日比野克彦さん、そして野村幸弘さん、堀越英嗣さん、古田菜穂子さん、4名の審査員の方々を前に、出品者がプレゼンをします。
子どもスタッフからは、しゅうじくんが代表でプレゼンをしました。岐阜の商店街に展示された自作のフラッグの下、順番に見に来られる審査員一人ひとりにプレゼンをするので、計4回行うことになります。しゅうじくん、はじめはとっても緊張したそうですが、回を重ねるごとに余裕が出てきました。照れながらも、堂々と説明してくれました。
d0079201_1133721.jpg

d0079201_1152152.jpg

その日の内に審査、講評が行なわれ、子どもスタッフの作品にもたくさんの言葉をいただきました。
今回は全国から152点の応募があったそうです。
子どもスタッフのみんなおめでとう!
d0079201_1154717.jpg

d0079201_112462.jpg

[PR]
by nogataartmuseum | 2014-10-15 11:20 | 子供スタッフ