石炭の時代展一部作品入れ替え、野見山朱鳥さんの「ボタ山」も。

先ほど作品を次の通り一部入れ替えました。

島津輝雄さんの作品4点を、島津さんの別の作品4点と入れ替えました。
麻生浩平さんの作品4点を、麻生さんの別の作品4点を入れ替えました。
森田秀樹さんの作品1点を、森田さんの別の作品2点と入れ替えました。
野見山朱鳥さんの作品1点を、追加しました。

野見山朱鳥(1917-1970)さんは直方出身の俳人で、本展では、彼が計画、編集した炭鉱俳句集「燃ゆる石」を展示しています。本句集には全国炭鉱俳人から募った1万5千余句の中から、3千4百句が選ばれ掲載されています。復刻版を展示していますので、是非手にとってご覧下さい。
野見山朱鳥さんは実は多くの絵も遺しています。今回の展示替えで、彼の描いた絵の中からボタ山を描いたものを一点追加展示しました。俳句集とあわせてこちらもご覧下さい。
[PR]
by nogataartmuseum | 2016-05-15 18:36 | 企画展