カテゴリ:子供スタッフ( 154 )

d0079201_1532664.jpg先週グループで選んだ作品の本物を見ました。
写真でみるのとではやはり随分印象が違ったみたいです。
本物をみた後、グループごとに出品作品を決定し、次回までに調査してくることなどを確認しました。
次回からさらに深い内容になっていきます。子ども力に期待です。みんな頑張って!
[PR]
by nogataartmuseum | 2006-08-26 17:18 | 子供スタッフ

第5回子どもスタッフ会議。

まずはじめは頭の体操から。
一枚の絵を前に、子どもスタッフ全員で思い思いの感想を発表しあいました。

今日は前回の続きで、展示する作品の選定です。グループごとにテーマに沿って作品を選び出していきました。漠然としていた展覧会の方向性も少しずつ肉付けされていくうちに、明確になりつつあります。子ども達の想像力に火がつく予感。
3つあるグループのうちひとつの班はテーマがなかなかまとまらない様子。でも見てみたい作品はいっぱいあるのでとりあえず作品をチョイス。その中からテーマを探っていくことになりそうです。
どの班もどんな風に作品をみせてくれるのか楽しみです。
[PR]
by nogataartmuseum | 2006-08-20 23:16 | 子供スタッフ

子どもスタッフ+講演会

d0079201_1714225.jpg午前中は第4回子どもスタッフ会議。
グループごとに展覧会のテーマを考え、収蔵品の中から作品を選び出す作業をしました。協力しながら作品選びに熱がはいるグループもあれば、うまく進まずちょっと沈みぎみのグループも…。そこをボランティアスタッフがうまくサポートしながら、なんとか前半戦の難所を乗り越えられるよう奮闘中です。


d0079201_17155396.jpg午後は市内商店街の呉服店の谷明憲さんを講師に講演会を開催。演題は「きものと私と美術館」。きもの奥深い世界を垣間見ることが出来ました。日本人の感性について考えさせられました。
現在開催中の「わが街自慢の作家展その2」の関連イベントで、戦後の直方は異なる専門分野をもった人々の交流が、豊かな文化を培ってきたということを受けて、美術という枠にこだわらず、様々な専門家にお話をうかがう機会を設けようと企画したものです。「○○と私と美術館」というタイトルで今後も継続の予定です。次回は9月2日で「食と私と美術館」、滝井医院の瀧井宏隆さんを講師に迎えます。
[PR]
by nogataartmuseum | 2006-08-06 17:06 | 子供スタッフ

漢字のお勉強

子供スタッフのあかねちゃんが美術館の事務所で漢字の書き取りをせっせとやっています。
感心、感心!一日150字書いてるそうです。夏休みの宿題らしいのですが、とても丁寧にきちんとした字で書いてます。
算数が苦手と言ってたけど、算数ドリルも頑張ろうね!
d0079201_10552237.gif

[PR]
by nogataartmuseum | 2006-07-29 15:13 | 子供スタッフ