カテゴリ:募集( 6 )

集まりました

先日より募集をしておりました「顕微鏡」についてのお礼とご報告です。

ブログやフェイスブックなどの文明の利器と、皆様の暖かいご支援から10台の顕微鏡を集めることができました。集められた顕微鏡は、展覧会「街は大きな図書館 手触りのある日々」(会期7月1日(金)~9月19日(月・祝))の中で活用されます。

皆様方の温かいご支援に、あらためて心より厚く御礼申し上げます。
なお、期限前ではありますが、これを持ちまして顕微鏡の募集を終了いたします。
「街は大きな図書館 手触りのある日々」の会期まで一月をきりますが、乞うご期待下さい。
[PR]
by nogataartmuseum | 2016-05-27 16:45 | 募集

写真募集について

現在募集している鉄道にまつわる写真について、要項を美術館のホームページからダウンロードできるようになりました。

下記のURLよりお進みいただくと、ワードもしくはPDFのファイルを選択することが出来ます。

http://yumenity.jp/tanio/event/hitotoki/hitotoki.html

皆様の応募お待ちしております。
[PR]
by nogataartmuseum | 2014-05-08 16:29 | 募集

お知らせ

7月5日に始まる「旅のひとときを味わう展覧会」のお知らせです。

美術作品の中には、川や海、山といった自然、街並みや寺社、料理など、旅の情緒を思わせる表現が多くあります。この展覧会では、旅の一場面にともなう鉄道の写真を楽しんでいただくと同時に、直方谷尾美術館が所蔵する油絵や日本画、立体作品など数十点を展示。美術館の中から旅のひとときを味わっていただきます。


そこで今回、皆様が撮影した写真を募集します。

しかし、ただの写真ではありません。。。 鉄道に関するものがどこかに写っているものが募集対象となります!!


--以下詳細です--

【期間】 平成26年6月1日(日)まで

【写真の内容】電車・汽車・機関車などが走っているところ、駅のようす、駅弁、線路のある風景、鉄道を使って旅をしている記念写真など、鉄道に関するものが写っていること。

たとえば、

d0079201_11203783.jpg

花盛りの中を走る電車。。。 
(撮影者 前田和美さん)

d0079201_11211067.jpg

電車は写っていないけれど、線路が通っています。

d0079201_1122478.jpg

おいしそうな駅弁。

などなど、

*撮影した場所は直方市~日本国内~外国もok!
*写真の年代は問いません。
*写真のカラー、白黒は問いません。
*たてよこ自由。
*写真の説明を添えて提供お願いします。

【提供方法①】美術館に写真を持って来館し、写真の説明など必要事項を簡単に記入していただきます。

【提供方法②】メールに写真のデータを添付して提供お願いします。
あて先≪tabinohitotoki@gmail.com≫まで
その際、別途必要事項をメールにてお知らせします。



注意①美術館内にてインクジェット印刷で出力し、42×28cm程度の大きさに引き伸ばして展示するため、画素数の小さすぎるデジタルデータはご遠慮ください。
注意②公募で集めた写真は、展示内容に沿って選定します。
注意③データでの提出の場合は、≪tabinohitotoki@gmail.com≫まで送っていただきますようお願い致します。
注意④SDカード等メディアでの提出の場合、基本的には返却しません。必要な方はお申し出下さい。


詳しくは美術館までお問い合わせください。
直方谷尾美術館 0949-22-0038
[PR]
by nogataartmuseum | 2014-04-25 11:45 | 募集

紅型(びんがた)とは、沖縄を代表する伝統的な染色技法の一つ。
その紅型染めの体験ができるワークショップを谷尾美術館で行います。実は募集締め切りが6月9日(日)と近いのですが、興味のある方はぜひぜひお申し込み下さい。
講師は矢野陽子さん(てぞめや ひいろ 紅型染色家)
本格的な道具や材料を使って、伝統的な紅型染めの工程(型染め)を体験できます。天然素材でコースターを染めます。子どもから大人まで楽しめる内容になっています。
日程は7月21日(日)の13:00~15:00の2時間程度。
参加料は1000円(高校生以上は入館料も必要)
申込みはお電話で(0949-22-0038)。「びんがたぞめのワークショップ」といってお申し込み下さい。
申込み締め切りは6月9日(日)午後5:30までです。
直方谷尾美術館ホームページから→紅型染めワークショップ参加者募集!
d0079201_16371882.jpg

[PR]
by nogataartmuseum | 2013-06-04 16:41 | 募集

たぶん今回で10年目!となる毎年恒例の角孝政さんによるワークショップ「不思議大博物図鑑をつくろう」の参加者募集しています。

日時:2013年1月13日(日)10:00~15:00
場所:直方谷尾美術館
講師:角孝政さん(不思議博物館館長)
参加料:1,160円(大人のみ別途入館料が必要)
定員:20名
申し込み:12月28日(金)までに電話でお申し込みください。ただし定員になり次第締め切ります。電話0949-22-0038(美術館)
内容:焼くと固まる特殊な粘土を使い、空想の生物をつくります。出来上がった生物は撮影して図鑑にまとめ、参加者のお手元にお届けします。

d0079201_1725177.jpg

[PR]
by nogataartmuseum | 2012-12-04 17:13 | 募集

直方の写真探しています

7月1日(日)~9月23日(日) ふるさとの写真展「ある日、あの時、この場所で。」を開催します。
本展は昨年好評だった「セピア色の直方」の続編。直方で撮影された古い写真やアルバムを、多くのご家庭から提供いただき、その中から厳選したものを複写、拡大して展示予定。
アルバムをめくると、そこには様々な時代の直方の姿があります。街並み、人々のファッション、日用品の数々。写真に写り込んでいるもの一つ一つが、時代とともに変わる暮らしぶりを、鮮やかに蘇られてくれます。写真の選定には直方市出身で、自らも直方の町を撮影されている写真家、尾仲浩二氏にあたっていただきます。

実はまだ写真が足りていません。ご家庭のアルバムや写真で御提供いただけるものがありましたら、ご協力おねがいします。探している写真は、きれいな風景写真というよりは、人物を写したものの中に、風景や家の中の様子などが映っているようなものです。運動会や入学式に記念で撮った写真、自慢の車と一緒に撮った写真、友人たちとふざけて撮った写真、宴会の時に撮った写真などなど、「直方のどこかで撮った」ということであれば、どんな時代のどんな写真でもかまいませんので、お寄せいただきたいと思います。
お持ちいただいた写真はしばらくお借りし、尾仲氏による選定後、スキャナーで取り込んで返却いたします。
押し入れに確かあったなぁ…という方、ぜひご連絡下さい。
直方谷尾美術館 0949‐22‐0038
d0079201_13183144.jpg
d0079201_1318193.jpg

[PR]
by nogataartmuseum | 2012-04-25 13:19 | 募集