<   2006年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧

夏の展覧会

d0079201_10321150.jpg
わが街自慢の作家展2
人情と活気に満ちた戦後直方の美術。
その歴史を振り返り、
力みなぎる郷土作家の息吹きを感じよう!

 絵画、工芸、陶芸など、様々な分野で郷土の作家が活躍されている中、本展では特に直方ゆかりの作家に焦点をあてご紹介します。
 山喜多二郎太ら物故作家をはじめ、現在活躍する作家まで、直方の美術史を彩る人々の仕事にご注目下さい。

【出品作家】
赤星月人 阿部王樹 阿部十往 阿部直昭 阿部平臣 石原祥嗣 鵜飼毅 小田原早見 上川伸 亀谷佳美 川島のぶ子 河野行宏 草野富由子 国武一弥 栗田恭子 神野泰臣 舌間のり子 清水聡平 清水豊 白土尚 鈴木緑 鈴記順子 曽根富久恵 田代英渓 田中光謙 谷口露明 谷筑水 野見山朱鳥 花田一男 原田忠 平川毅 福田節子 宮原隆次 村島定児 森田輝子 山喜多二郎太 山下眞弓 吉田浩通
[PR]
by nogataartmuseum | 2006-07-29 19:24 | 企画展

漢字のお勉強

子供スタッフのあかねちゃんが美術館の事務所で漢字の書き取りをせっせとやっています。
感心、感心!一日150字書いてるそうです。夏休みの宿題らしいのですが、とても丁寧にきちんとした字で書いてます。
算数が苦手と言ってたけど、算数ドリルも頑張ろうね!
d0079201_10552237.gif

[PR]
by nogataartmuseum | 2006-07-29 15:13 | 子供スタッフ

展示品のご紹介

d0079201_1214757.jpg
チェコ・ドイツ・フランス・中国などのエングレーブ(彫刻)やゴブレット(飾り瓶)、日本の江戸切子など約260点のガラス工芸品と高取焼(宅間窯・内ヶ磯窯)発掘出土品を約90点展示しています。

館内には、喫茶部もあり、ギャラリー喫茶としても親しまれています。

入館無料ですので、お気軽にお越し下さい。

休館日:毎週水曜日 年末年始(12月29日~1月3日)
[PR]
by nogataartmuseum | 2006-07-29 12:03 | アートスペース

施設のご紹介

d0079201_11593552.jpg
アートスペース谷尾は、大正時代に旧十七銀行直方支店として建てられた建物です。煉瓦造二階建、レンガ張りのレトロな外観と風格は当時の姿を今に残しています。

建設当時は、屋根にドームを戴いた優雅な建物でした。十七銀行直方支店はその後、昭和20年に福岡銀行直方南支店となり、平成9年に故谷尾欽也氏により直方市美術館別館(通称アートスペース谷尾)としてガラス工芸品の展示館に生まれ変わりました。
[PR]
by nogataartmuseum | 2006-07-29 11:52 | アートスペース

藤が咲いた!

d0079201_1531937.jpg直方美術館の斜め前に民間の駐車場があります。そこには藤棚があり、毎年ゴールデンウイーク前にはきれいな花をつけ、商店街を行き交う人の目を楽しませてくれています。
その藤が何を思ったのか、7月の梅雨明けと同時に花を咲かせました。房は小ぶりですが、美しい藤色です。真夏の太陽にびっくりしたのか、あっという間にしぼんでしまいました。
NHKで放送されたお陰で、直方谷尾美術館の来館者も急増しました。
藤さん、どうもありがとう!d0079201_1551553.jpg
[PR]
by nogataartmuseum | 2006-07-27 19:50 | NEWS