<   2006年 09月 ( 6 )   > この月の画像一覧

台風接近

台風13号が接近中。
各地で大きな被害が出ているようです。
当館は建物が古いので、台風対策は欠かせません。
何事もなく過ぎてくれれば良いのですが。
d0079201_15112615.jpg

[PR]
by nogataartmuseum | 2006-09-17 15:12 | NEWS

会議の冒頭は作品鑑賞から。
ある一枚の絵から子どもたちが想像する世界は?
子どもたちが思い思いにかいた言葉と絵をみてみると、そこには結構面白い世界がありました。
この不思議な世界は来年1月からの「子どものための美術館2」でご覧いただけるかな?

さて、グループごとの展覧会の準備ですが、話が具体的になればなるでどこも苦労しているようです。本物の作品を見たり、作家に手紙を書いたり、資料をめくって調べたり…。
なにより苦戦しているのはグループで意見をまとめることのようです。グループのメンバーも毎回フルメンバーが揃うわけではなく、日によっては欠席もあります。ボランティアスタッフの力を借りながら、なんとか前進するも、なかなか足並みが揃わないのが現状です。
しかし、もうひとふんばり!がんばれ子どもスタッフ!

午後からは子どもスタッフと保護者、ボランティアスタッフで田川市美術館にいきました。
学芸員の徳永さんと、作家の小川幸一さんにギャラリートークをしていただきました。
きっと子どもスタッフも刺激を受けたことでしょう。
田川市美術館のみなさん、小川さんありがとうございました。

今回鑑賞した田川市美術館の展覧会情報
[PR]
by nogataartmuseum | 2006-09-10 23:50 | 子供スタッフ

看板

d0079201_054454.jpg写真は直方谷尾美術館の展覧会の看板です。
これ、当館館長の手作りなんです。展覧会が変わる毎にペンキ片手に書き換えます。
展覧会のイメージにあわせて書体や配色、配置なども変わり、雰囲気を盛り上げてくれます。
しかし美術館前の道路は狭く、美術館の壁面全体を眺められないので、気づかない人も意外と多いかも…。
ちょっとした見所として、これから看板もチェックしてみてください。
尚、来年1月からはじまる「子どものための美術館2」の看板は子どもスタッフが制作します。
[PR]
by nogataartmuseum | 2006-09-08 00:12 | スタッフのひとりごと

お土産にどうぞ

ようやく暑さもやわらいできました。窓を開けっ放しで寝ていたら明け方は寒いぐらいです。
現在開催中の「わが街自慢の作家展その2」もあと2週間を切りました。まだご覧になっていない方は是非。
美術館で展覧会をみたら、グッズコーナーにもどうぞ。
会期中だけの関連グッズを手に入れることができますよ。
d0079201_044332.jpgd0079201_0441476.jpg d0079201_044236.jpg
d0079201_0443431.jpg d0079201_044464.jpg
[PR]
by nogataartmuseum | 2006-09-06 00:53 | NEWS

美術館にオクラ!?

d0079201_1831150.jpg直方谷尾美術館の周りは花壇になっていて、いつもきれいな花が咲いています。
最近、その花壇のかたすみに大きな葉と黄色いきれいな花をつけた植物が突如として現れました。よくみるとそれはオクラ!オクラの植えてある美術館なんて見たことない。いったい誰が!?どうやら館長が遊び心で植えたようです。
今日はボランティアスタッフのYさんがサギ草を持ってきてくれました。上品な美しさがたまりません。
直方の美術館を訪れたときは、ぜひ周りの植物にもご注目くださいね。
[PR]
by nogataartmuseum | 2006-09-03 18:32 | スタッフのひとりごと

食と私と美術館

d0079201_12485094.jpg講演会「私と美術館」シリーズの第2回目を行いました。
テーマは「食」。田川市にある医院の院長をされている瀧井宏隆さんに講師としてお越しいただきました。
瀧井さんは近頃は食についてよく耳するものの「入口」のことばかりで「出口」に触れていないことが多いと指摘されていました。体の外に出すことを考えなくてはなりません。「二味の配合、三味の配合」といった食べあわせの話や、「塩」の話などバラエティーに富んだ話題で楽しく食を考えさせていただきました。
話の中で「味」と「色」の関係について少しふれていましたが、絵画を味に置き換えて読み取るというのも面白いかも?
[PR]
by nogataartmuseum | 2006-09-02 17:32 | イベント