<   2007年 01月 ( 10 )   > この月の画像一覧

幼児の眼

1月も今日で終わりです。
今月もたくさんの方にお越しいただきました。特に印象に残っているのは子育て支援センターからの小さな小さなお客様。1歳児のグループ、2歳児のグループ、3歳児のグループが日を変えてお母さんと一緒に来館されました。小さいながらも絵をみて様々な表情を見せてくれました。3歳児グループの日は、いくつかの作品をみんなで囲んで、対話をしながら鑑賞しました。子ども達は目に見えたものを素直に言葉してくれて、次々と色んな発見がありました。そして、それら発見したものについてお母さん達と話したのですが、そこで改めて、子ども達の観察眼の鋭さに気づかされたのです。
[PR]
by nogataartmuseum | 2007-01-31 22:40 | スタッフのひとりごと

野見山朱鳥展

野見山朱鳥(のみやまあすか)という人物をごぞんじでしょうか。
直方出身で福岡を代表する俳人の一人です。
彼の才能は俳句だけにとどまらず、絵画や版画といった分野においても発揮されました。
毎年命日に合わせて作品を展示しています。
今年は2月20日~28日に常設展示室にて展示予定。
尚、2月24日、25日の2日間、直方市大字直方の野見山朱鳥記念館でも、野見山朱鳥作品展が開催されるとのことです。興味のある方はこの機会に足を運んでみてはいかがでしょうか。
[PR]
by nogataartmuseum | 2007-01-30 17:27 | NEWS

公開美術館授業予告

近く、美術館で小学校の授業を行ないます。
美術館での授業というのは、近年特にめずらしいことではないのですが、一般に予告して公開するというのはなかなかありません。この機会に興味のある方のぞいてみませんか。2,3日中に、ホームページに詳しいことを掲載する予定ですので、チェックしてみてください。
[PR]
by nogataartmuseum | 2007-01-28 23:27 | NEWS

墨で絵を描く

本日は墨で絵を描きました。
講師は地元作家の亀谷佳美(太平洋美術会)さん。
参加者は主に小学生で、みんな女の子。男の子が一人も参加しなかったイベントというのも珍しい気がします。
材料は墨と紙。「水の中の世界」というテーマで、描いてもらったのですが、みなさんなかなか迫力のある生き生きとした水中世界を描いてくださいました。
道具は、筆だけでなく、ほうきや、たわし、ローラー、スポンジなど様々。
紙もはりあわせて特大のものに描いたので、動きも自然と大胆になります。手を使って描いていた人もいましたね。
家ではこんなことなかなかできないでしょうから、結構楽しんでいただけたのではないでしょうか。
[PR]
by nogataartmuseum | 2007-01-27 23:01 | イベント

携帯電話

今日はお休みで使用で市外に出かけておりましたが、美術館から携帯電話が。
来年度の企画で相談を持ちかけていたある作家の方が来館中とのこと。あわてて美術館へ向かいました。
この作家の方、かなり面白い個性をお持ちで、話していてとても楽しいのです。企画についても快諾していただき、これからが楽しみです。近いうちに本企画のことを皆様にお知らせできると思います。
[PR]
by nogataartmuseum | 2007-01-26 23:11 | スタッフのひとりごと

ギャラリートーク2

子どもスタッフによるギャラリートークの2回目。
前回よりはるかによくなった今回のトーク。子どもスタッフ全員自信をもって話していたように感じました。
[PR]
by nogataartmuseum | 2007-01-21 23:45 | イベント

毎年恒例となった角せんせーによる「不思議大博物図鑑をつくろう」が、本日行なわれました。
初回から毎年ご参加いただいているご家族、当日参加を決めて駆けつけていただいた方。みなさんありがとうございました。
不思議な生物をつくる企画ですから当たり前ですが、今回もかなり妙な生き物がたくさん出来ていました。テーマは水中生物。スイカの模様のイカ「すイカ」や、ギターを担いだワニ、歌う昆布、金曜日に生きるタコ…。
へんてこなものをつくるのって、楽しいですよね。見るほうも思わず笑ってしまったり。
一見、無駄なようなことだけど、きっとすごく必要なことなんだとおもいます、こういう時間。

午後は子どもスタッフが受付にやってきました。
来館者にその場でギャラリートークも。
子どもスタッフがんばっています!
[PR]
by nogataartmuseum | 2007-01-14 23:29 | イベント

受付

子どもスタッフが午後から受付に。
続々とご来館いただき、子どもスタッフ大忙し。
また、来館者を前にその場でギャラリートークも実施。
子どもが様々な世代の人を相手に作品について語りかけ、それをきっかけに会話が生まれる。
昨年もこうした光景を何度も見ましたが、子ども達は来館者と会話を交わすごとに成長しているように感じます。
[PR]
by nogataartmuseum | 2007-01-07 23:52 | 子供スタッフ

記事

西日本新聞の記事で子どもスタッフの活動が紹介されています。
[PR]
by nogataartmuseum | 2007-01-06 23:01 | NEWS

子どものための美術館2

子どものための美術館2、いよいよスタートです。
子どもスタッフが約半年かけて準備した展覧会です。
初日の今日はたくさんのお客さんに見守られながら、子どもスタッフがギャラリートークをおこないました。みんな緊張しながらもがんばって発表していました。
拍手ももらって、子どもスタッフ全員いい笑顔でした!
[PR]
by nogataartmuseum | 2007-01-04 23:05 | 企画展