<   2012年 11月 ( 12 )   > この月の画像一覧

美術館の近くに、ステンドグラスの工房があり、多くの方がそこでステンドグラスの技術を学ばれています。
色とりどりのガラスが並ぶ工房から生まれた、個性豊かなステンドグラス作品の展示会です。
12月2日まで。
d0079201_9245144.jpg

[PR]
by nogataartmuseum | 2012-11-27 09:26 | NEWS

今日は筑豊美術展第2期の飾り付けがありました。工芸、写真、書。それぞれ力のこもった作品をご覧いただけます。明日から11月25日まで。
d0079201_1744347.jpg

d0079201_1744628.jpg

[PR]
by nogataartmuseum | 2012-11-19 17:13 | NEWS

明治町商店街を飾ろう

今日は午前中、先週行ったさわやか館でのイベントの感想を書きました。
次に絵画の鑑賞をしました。絵を見て気づいたことや、おもしろいなと思った事などをメモして、げんこう用紙にまとめました。
d0079201_16461958.jpg

午後からは、前回さわやか館に行っていない人はさわやか館に行き、ギャラリートークをしました。
d0079201_16463486.jpg

他の人は「明治町商店街を飾ろう~ルミナリエ風装飾の作成~」の作業をしました。みんなきれいに、上手にかけていました。雪のけっしょう、雪だるまなど、冬をテーマにした絵がたくさんできました。とてもかわいいと思いました。
d0079201_16463175.jpg

d0079201_16462718.jpg

さわやか館に行った人が帰って来て、チラシ、ポスターについて、けんとうしました。
次回は成人式の垂れ幕や、看板作成などをする予定です。

子どもスタッフ広報係  森和佳奈、安永祐希
[PR]
by nogataartmuseum | 2012-11-17 16:53 | 子供スタッフ

先日、移動美術館授業で7つ道具を使った鑑賞をした宮若小3年生のみなさんが、今度は美術館に来てくれました!筑豊美術展を鑑賞。お気に入りの作品を模写しました。
d0079201_16472652.jpg

[PR]
by nogataartmuseum | 2012-11-14 16:57 | NEWS

アートスペース谷尾の電話ボックスの展示が新しくなりました!安藤圭汰さんにかわって小林夏美さんによる展示です。
展覧会タイトルは「想い、漂い、ユメを見る」
以下は作家のことば。



ベッドに横になっている時、起きているという自覚はあるのに、

夢を見ているような感覚に陥ることがある。

現実と夢の間を漂っているとうな感覚。

現実で起こった出来事に対し何を感じ、行動し、何を見るのか。

夢は自分の精神状態や未来の暗示を示すともいわれています。

現実と夢との間に漂う「自分」は何を意味し、何処へ行くのか…。


d0079201_16295995.jpg

開催中~1月13日 (月曜日、12月29日~1月3日は休館)
[PR]
by nogataartmuseum | 2012-11-14 16:33 | アートスペース

昨日から第66回筑豊美術展(略して「筑美(ちくび)」)の第1期がはじまりました。
洋画と版画の展示となっています。
筑美の歴史は長く、今年で65年目となります。
しかし、年1回開催の展覧会なのに、なぜ第66回なのでしょう。
協会が立ちあがったのは戦後間もない昭和23年。当初は直方美術協会という名称でした。実は、発足した最初の年は市内が賑わう多賀神社のお祭の時期に合わせて、4月と10月の2回、直方市公会堂行われました。そのため、65年目ですが第66回というわけです。
直方、筑豊の美術史の中で筑豊美術協会の歩みはひとつの大きな流れでした。筑豊の歴史とともに歩んだ筑美の65年という歳月は大変重いもののように感じます。
第66回筑豊美術展第1期は18日(日)までです。
d0079201_16172236.jpg

[PR]
by nogataartmuseum | 2012-11-14 16:18 | NEWS

さわやか直方館で展覧会

今日はさわやか直方館に行ってきました。
最初にゲルを組み立てました。
d0079201_1635374.jpg

d0079201_17133870.jpg

次に魚つりゲームのじゅんびをしました。
d0079201_17192589.jpg

おばあちゃんと、おじいちゃんといっしょにお昼ご飯を食べました。
午後からさわやか館のみなさんに、ギャラリートークを聞いてもらいました。
ギャラリートークをして少し緊張したけど、「上手」などとほめてくれたのでうれしかったです。
d0079201_17412283.jpg

そして魚つりゲームをしました。得点が魚のうらに書いていて、得点が高い人には子どもスタッフが描いた絵をプレゼントしました。魚つりで、おじいちゃんと、おばあちゃんががんばっていました。
みなさんとてもよろこんでいたので良かったです。
d0079201_17412717.jpg

次回はてんらん会に向けての準備をします。どのようにできるのかとても楽しみです。

子どもスタッフ広報係 坂田美月、安永祐希
[PR]
by nogataartmuseum | 2012-11-11 17:44 | 子供スタッフ

本日若宮小学校に移動美術館授業に行ってきました!
若宮は山喜多二郎太の故郷。ってことで二郎太の墨彩と油彩を1点づつ。
また、今年の春当館で展覧会をした日本画家の森田秀樹さんも同小学校出身。ということで水彩を1点。
さらに小学校玄関に飾ってあるのが森田秀樹さんの作品と真隅太荘さんの作品。というわけで真隅太荘さんの作品を1点。
さらにシルクスクリーンや日本画、木彫など合わせて8点の作品を図書室に展示し、3年生の授業を行いました。今日のメニューは直方谷尾美術館特製、「鑑賞のための7つ道具」を使って作品を楽しむこと。
これは昨年も同小学校の授業で使ったのですが、そこそこ評判が良かったようですので、再び登場です。
「作品の声の聞こえる聴診器」や、作品の硬さがわかる「やわらかたいメーター」、作品の臭いが嗅げる「にお糸電話」、「作品の温度がわかる温度計」、「作品の味がわかるスプーン」、「とにかくよく見える虫めがね」といった道具を駆使して、楽しく鑑賞しました。
d0079201_21205810.jpg

3年生の授業の後、5年生も教室にやってきて鑑賞しました。男の子たちが花田一男さんの利休像とにらめっこをはじめたりして、なんとも愉快な時間を過ごしました。
[PR]
by nogataartmuseum | 2012-11-08 21:26 | NEWS

昨日、社会教育総合センターにて打ち合わせ。直方谷尾美術が、12月1日に行われるふくおか「子どもの育ち」支援フォーラムに参加します。チラシにあるようにテーマカフェ(分科会)にて子どもスタッフの活動についてお話させていただきます。打ち合わせでは発表者同士顔合わせをしたのですが、それぞれお話をじっくり聞きたくなる興味深い活動をされている方ばかり!参加費無料とのこと。興味のある方はぜひどうぞ。

詳細(福岡県立社会教育総合センター)
http://www.fsg.pref.fukuoka.jp/news/2012/10/post_719.html
d0079201_1735427.jpg

[PR]
by nogataartmuseum | 2012-11-08 17:50 | NEWS

本日から理聲会社中展はじまりました。
一般の部、子どもの部、かな書の作品を展示しています。
流れるような字。素敵です。
11月11日まで。
d0079201_10591788.jpg

[PR]
by nogataartmuseum | 2012-11-07 10:59 | NEWS