<   2013年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧

新しい展示が7月2日からはじまります!
「動物園がやってきた!!ようこそ!のおがたサファリランド」
出品作家は石原稔久さん(陶芸家)、角孝政さん(造形作家・不思議博物館館長)、田代雄一さん(造形作家)、はるさん(画家)、本浪隆弘さん(フォトグラファー)の5名。動物をテーマにした作品が並びます。

7月6日(土)はこの展覧会の出品作家が全員そろっての座談会&ギャラリートークがあります!!

さらに、この座談会には到津の森公園の岩野俊郎園長に参加いただくことになっています!

動物、作品とどのように対峙し、それらを通して周囲、社会とどのように関わっているのか、それぞれの立場でお話しいただく予定です。どんなお話が聞けるのか今からとっても楽しみです。

申込は不要。聴講には入館チケットが必要です。

ぜひぜひ、皆さまお誘い合わせの上お越し下さい。
d0079201_18301319.jpg

[PR]
by nogataartmuseum | 2013-06-25 18:33 | イベント

今日は、身近な大人の人に小さかった時の夢と今の夢について聞いてきたことを発表しました。
みんなのお父さんやお母さんに聞いた夢がおもしろかったです。

d0079201_16521736.jpg


d0079201_1652117.jpg



また、美じゅつかんのサポートスタッフの方たちに、今の夢、子どものころの夢などインタビューをしました。
「花屋さんになりたかった」とか、「ようちえんの先生になりたかった」など色々な話しが出ました。

d0079201_1655231.jpg

d0079201_16553050.jpg

d0079201_16553994.jpg


午後からは、なかごめさんからストーリーのあるてんらん会というむずかしい話を聞きました。

d0079201_16592795.jpg


とてもむずかしくて頭がついていけませんでした。

d0079201_16594365.jpg

d0079201_1703997.jpg


そのあと、明治町商店街にかざる七夕かざりをつくりました。
みんなとてもしんけんにいっしょうけんめいやってとてもキレイなかざりができました。

d0079201_1762457.jpg

d0079201_1763897.jpg
d0079201_1765079.jpg


商店街の人やお客さんにたのしんでもらえるとうれしいです☆



子どもスタッフ広報係    和佳奈、祐希、公美
[PR]
by nogataartmuseum | 2013-06-16 17:07 | 子供スタッフ

紅型(びんがた)とは、沖縄を代表する伝統的な染色技法の一つ。
その紅型染めの体験ができるワークショップを谷尾美術館で行います。実は募集締め切りが6月9日(日)と近いのですが、興味のある方はぜひぜひお申し込み下さい。
講師は矢野陽子さん(てぞめや ひいろ 紅型染色家)
本格的な道具や材料を使って、伝統的な紅型染めの工程(型染め)を体験できます。天然素材でコースターを染めます。子どもから大人まで楽しめる内容になっています。
日程は7月21日(日)の13:00~15:00の2時間程度。
参加料は1000円(高校生以上は入館料も必要)
申込みはお電話で(0949-22-0038)。「びんがたぞめのワークショップ」といってお申し込み下さい。
申込み締め切りは6月9日(日)午後5:30までです。
直方谷尾美術館ホームページから→紅型染めワークショップ参加者募集!
d0079201_16371882.jpg

[PR]
by nogataartmuseum | 2013-06-04 16:41 | 募集

今日は自分自身の夢について考えました。

前回の宿題の「未来新聞」をつかい、子どもスタッフどうしで夢を語りました。

d0079201_15143765.jpg


みんな1人ひとりが個性的な夢をもっていてとてもおもしろかったです。

d0079201_15145235.jpg



次にワールドカフェをしました。
「夢」ってなんだろう? というテーマで4人、または3人で夢についての意見を出しあい、それぞれのグループで旅人、かたり手をきめ、ほかのグループにいって、いろいろな自分たちの意見をいいあいました。


d0079201_1521665.jpg


d0079201_15212869.jpg


d0079201_15215769.jpg



その意見を自分のグループにもちかえり、深く話し合いをしました。

d0079201_15222133.jpg


d0079201_15223729.jpg


d0079201_15224822.jpg



そして、夢についての話し合いの結果や思ったことなどを紙にかき、まとめておわりました。
夢について、みんなと深く考えることができたので良かったです。


子どもスタッフ広報係    和佳奈、祐希、公美
[PR]
by nogataartmuseum | 2013-06-01 15:24 | 子供スタッフ