<   2013年 07月 ( 7 )   > この月の画像一覧

今日は、「夢もけいプロジェクト」のもけいを作りました。


d0079201_17143892.jpg



「夢もけいプロジェクト」というのは、夢を語る時、「夢もけい」という言葉がでてきて
おもしろそうだから実際にもけいを作る「プロジェクト」です。


d0079201_17143275.jpg


もけいは、パンやピアノ、未来の自分などがありました。

すごく上手なもけいがたくさんならんでいました。

d0079201_17142542.jpg


d0079201_1714668.jpg


d0079201_1714176.jpg


みんなはどんな夢をもっているのかな~。
てんらんかいの時が楽しみです。

d0079201_1714668.jpg


わたしは、ピアニストになりたいので、まずピアノをつくりました。

d0079201_1728078.jpg


すてきなてんらんかいになればいいなと思いました。
楽しいてんらんかいにしますので、きたいしていてくださいね♡

d0079201_17135978.jpg


d0079201_17134954.jpg


d0079201_1713436.jpg


d0079201_17133149.jpg



子どもスタッフ広報係    和佳奈、公美
[PR]
by nogataartmuseum | 2013-07-20 17:30 | 子供スタッフ

赤崎水曜日郵便局

今日は水曜日。

気のおけない人たちとの楽しい時間を過ごした今日の出来事を、手紙に書いてみようと思います。

あて先は“赤崎水曜日郵便局”。

ここに水曜日の出来事を書いて手紙を送ると、面識のない誰かの水曜日の出来事が書かれた手紙が送られてきます。
d0079201_21113877.jpg

熊本県の津奈木町にある旧赤崎小学校を使った不思議なプロジェクト。

ご存知ない方は、赤碕水曜日郵便局のサイトで、ぜひこの旧赤崎小学校の姿をご覧下さい。

本プロジェクトのプロデューサーを務める、つなぎ美術館の楠本さんと雑誌の座談会でご一緒した際、この小学校の写真を見せていただき思わず二度見してしまいました。

海の上にある学校。

ここではどんな小学校生活が送られていたのでしょうか。

「昼休みになると目の前に広がる海で泳いだり、廊下の窓から魚釣りをして楽しみました」(HPより)って、うらやましい!

かつて子ども達の元気な声が響いていた学び舎が、水曜日の郵便局という風変わりな場所となり沢山の人と人をつなぐ素敵なプロジェクトに注目です。

赤碕水曜日郵便局のサイトはこちら。局長メッセージやプロジェクトの概要を知ることができます。便せんのダウンロードもできます。
http://akasaki-wed-post.jp/

ただしここのサイトは水曜日しか全貌を見ることができません。水曜日にチェックしてみてくださいネ。
(中込)

d0079201_21114235.jpg

写真は今日うかがったギャラリーYANYAにて。写真を展示している重松希さんにつくっていただいたカキ氷。重松さんは当館でも展示をしていただいたことのある作家。鉄を使った作品が中心ですが、今回まさかの写真展。今月27日まで。
[PR]
by nogataartmuseum | 2013-07-17 22:28 | スタッフのひとりごと

「動物園がやってきた!!ようこそ!のおがたサファリランド」では5名の作家が動物をテーマとした作品を出品頂いています。

でもそれだけはないんです。

病院時代の旧電話ボックスを利用した展示室「ミニギャラリー電話室三八番」では、直方ゆかりのイラストレーターのイクタケマコトさん(横浜在住)による個展「愚意と寓話」が開催中。そこにもたくさんの愛らしい動物達が登場します。とにかくかわいいイクタケさんのイラストは大人気。こちらの会期は今月の28日までとなっています。お見逃しなく!
d0079201_11531950.jpg

関連グッズもご用意しておりましたが、下記の通り、品切れになってしまったものもあります。ごめんなさい。

1.イクタケさんのイラストがあしらわれた缶バッジ6種→本日完売。追加の仕入れの予定はありません。ごめんなさい。

2.イクタケマコトさんの本「主夫3年生」→用意していたサイン入り本完売。

3.イクタケマコトさんの本「中学・高校イラストカット集1200」→残り7冊 中学校の先生の経験もあるイクタケさんによるかゆいところに手の届くイラスト集です。サイン入り。
[PR]
by nogataartmuseum | 2013-07-15 12:17 | 電話室三八番

今日は「動物園がやってきた!!ようこそ!のおがたサファリランド」に、陶製の動物を出品いただいている、陶芸家の石原稔久さんによるワークショップを開催しました。
d0079201_1723839.jpg

内容は野焼きで陶製の動物をつくるというもの。2日に分けて行うのですが、1日目の今日は形づくり。ブロック状の粘土の塊を削っていって形をつくりました。外光がやさしく差し込む、石原さんの工房「一石」での制作。始終なごやかな雰囲気でした。
d0079201_172829.jpg

うさぎ、ねこ、かめ、ぶた、かものはし、くま、いぬなど色々な動物達ができました。
次回は、これらを野焼きします。今からどんな仕上がりになるのか楽しみです。天気に恵まれることを祈ります。
[PR]
by nogataartmuseum | 2013-07-14 17:31 | イベント

美術館には各地の美術館のポスターやチラシ、情報誌が届くわけですが、福岡市美術館の季刊ニュース「ESPLANADE」の最新号がナナメウエをいくつくりでおもわず目をひきます。
手にとると、その形状や紙質、謎の「のりしろ」など、ただものではない雰囲気。よくみると「エスプラナード172号は袋になりますよ!」と書いてあります。

やっぱり、つくるでしょ。

d0079201_16371378.jpg

袋にしても記事は全て読むことができます。スバラシイ。
記事の中で、気になったのは福岡市美の古美術企画展示室で10月から行われる「美術館でZoo」。「美術館に動物園をつくっちゃおうという企画」です。8月には福岡市動物園で学芸員と飼育員によるワークショップが開催されるそうです。面白そうですね!
福岡市美術館ホームページ
http://www.fukuoka-art-museum.jp/jc/html/jc03/fs_jc03_kobijyutsu_x13april1001.html


さて、当館で開催中の「動物園がやってきた!!ようこそ!のおがたサファリランド」。今日もたくさんの方にお越しいただきました。ありがとうございます。
当館の物販コーナーでは出品作家さんのグッズを購入することができます。ポストカードや缶バッジなどかわいらしい商品がそろっていますよ。
直方谷尾美術館フェイスブックページ
https://www.facebook.com/nogata.tanio.am

d0079201_16365745.jpg

[PR]
by nogataartmuseum | 2013-07-12 17:18 | スタッフのひとりごと

今日はまず、7月2日からはじまった「動物園がやってきた!!ようこそ!のおがたサファリランド」の展覧会をみました。色々な動物の写真、絵、彫刻などとてもリアルで本当に動物園に行ったような気になれる展覧会でした。
d0079201_1703175.jpg

そのあと、ワールドカフェ「どんな展覧会ができるかな?」をしました。それぞれの班に分かれ、その中で語り部と旅人を決めました。まずアイデアを出していき、ほかの班に旅人が旅をして、そこのアイデアをもちかえり、まとめます。
d0079201_17042100.jpg

美術館にやってくるどんな人も、みんなが来て良かったと思える展示など色々なアイデアがでました。
次回から展示準備にはいるので、今日出たアイデアを生かしてさぎょうにとりくみたいです。

子どもスタッフ広報係 祐希
d0079201_1705015.jpg

[PR]
by nogataartmuseum | 2013-07-07 17:02 | 子供スタッフ

今日は到津の森公園の岩野園長と出品作家全員によるギャラリートークの日。
だというのに…朝から激しい雨!!!!
そんな中、ギャラリートークに約50名のお客様にご参加いただきました。ありがとうございました。
トークはスライドを見ながら、各作家に作品について語っていただき、それらについて岩野園長のお話を聞くというかたちですすみました。
このトークの模様は編集したものを近日発売予定の図録に収録できればと考えています。
図録の発売日はまだ決まっておりませんが、決まり次第このブログでもお知らせいたします。
d0079201_1885038.jpg

d0079201_1891380.jpg

d0079201_1885998.jpg

田代さんの作品が、本日一部展示替え。今日しか見られないツーショットを1枚公開。
d0079201_1884528.jpg

[PR]
by nogataartmuseum | 2013-07-06 18:35 | イベント