<   2014年 01月 ( 7 )   > この月の画像一覧

手づくりのプレゼント

本日の簡単工作教室はプラ板を使った工作です。
d0079201_17373923.jpg

油性ペンやパステルで着色してかわいいストラップや指輪をつくりました。指輪の写真を撮り忘れちゃいました。
d0079201_17493446.jpg

d0079201_17462731.jpg

今日がお父さんの誕生日という兄弟は、お父さんへの誕生日プレゼントをつくっていました。お父さん、子どもたちからの手づくりのプレゼント、きっとうれしいでしょうね。
d0079201_17585190.jpg

[PR]
by nogataartmuseum | 2014-01-18 17:52 | 子供スタッフ

音楽詩劇 夢~ Rêverie

子どものための美術館の関連イベントのお知らせです。

子どもスタッフたちが展示についてお話ししたあと、チェロの演奏と詩の朗読があります。曲目はバッハの無伴奏チェロ組曲第1番。六つの詩の朗読と一緒にお聞きいただきます。お子さん、お孫さんと一緒に演奏会を楽しみませんか?ぜひご家族でご来場ください。

1月26日(日)
13:30~14:00 子どもスタッフによるギャラリートーク
14:00~14:30 音楽詩劇 夢~ Rêverie (チェロ:渡辺伸治 朗読:野口和夫)

一般の方は入館料100円
高大生 50円
中学生以下無料です。


「子どものための美術館9 未来への道」関連企画
音楽詩劇 夢~ Rêverie 
http://yumenity.jp/tanio/event/mirai/ongakushigeki.html
[PR]
by nogataartmuseum | 2014-01-14 10:44 | イベント

昨日は成人の日。直方市でも成人式が行われました。
d0079201_1023217.jpg

舞台の中央に飾ってある「祝成人」の垂れ幕は子どもスタッフが制作したもの。
竜徳高校さんの素晴らしい太鼓の演奏のあと、子どもスタッフの代表3名が大勢の成人を前にあいさつしました。もちろん挨拶の内容も子どもスタッフが考えました。
「みなさんの夢はなんですか?」
という問いかけのあと、自分の夢を披露。
最後は
「私たちの自慢の先輩になってください」
としめました。
成人おめでとうございます。

昨年二十歳を迎え、今日の成人式に参加した元子どもスタッフが式の後、美術館に寄ってくれました。立派な挨拶ありがとうと、子どもスタッフに伝えて欲しいとのこと。嬉しい出来事でした。
[PR]
by nogataartmuseum | 2014-01-14 10:27 | NEWS

当館の新年の恒例行事。造形作家角孝政さんによるワークショップ「不思議大博物図鑑をつくろう」を開催しました。
d0079201_1727258.jpg

焼くと固まる特殊な粘土で、自分で考えた不思議生物をつくりました。
d0079201_1737543.jpg

子どもから大人まで夢中になる4時間。
11年目になるこのワークショップ、毎年参加して下さっている方もいらっしゃいます。
リピーターも多く、自然と顔見知りになって、帰り際の挨拶は「じゃぁ、また来年!」。

今日生まれた生物は、角さんの手によって「不思議大博物図鑑」としてまとめられ、参加者の手元に送られます。
作品は3月2日まで、美術館のアトリエコーナーに展示しています。
d0079201_17373571.jpg

[PR]
by nogataartmuseum | 2014-01-12 17:51 | イベント

まわる風景

簡単工作教室が今年も始まりました!

1回めの今日は、紙コップを使った工作です。
参加した小学生たちは、自分達でカッターとハサミを使い紙コップをくりぬきます。

d0079201_16183419.jpg


次回は、1月18日(土)でプラ板をつかった簡単工作です。
その他にもまだまだ募集しているものがあります。
d0079201_161962.jpg

申し込みは、美術館まで直接お電話ください♪ (電話番号0949-22-0038)
[PR]
by nogataartmuseum | 2014-01-11 16:21 | イベント

昨日の子どもスタッフたちのトークの様子を西日本新聞さんが紹介して下さいました。
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/f_chikuhou/article/61446
世良さんのワークショップについては毎日新聞さんが。
http://mainichi.jp/area/fukuoka/news/m20140105ddlk40040161000c.html

さて、本日は昨日に引き続きグループJAMAによる「夢」をテーマにしたワークショップです。
午前中は鶴田正和さんによる
「結ぶ・つなげる布プロジェクト」
「子どもたちの夢」というテーマから「ひみつ」というキーワードを導き、子どもたちと一緒に布で「自分達の秘密の空間」をつくるというもの。
どんな空間にするか、アイディアスケッチを描きながら計画を立て、あとは実際に布を使っての空間作り。形が見えてくるとますますアイディアは膨らみます。
d0079201_18132451.jpg

みんな黙々と作業をすすめ、あっという間に時間が来てしまいました。
補強した後、仕上げに鶴田さんが空間にアクセントをつけて完成!
会場の片隅に怪しげな空間ができました。中に入って見ることもできます。ご来館の際は全然秘密じゃない「秘密空間」をぜひご覧下さい。
d0079201_183217100.jpg

午後は藤江効平さんによる「線でつくろう」
まずは線の形からいろんな「感じ」を読み取ることができるという話。
次にワークシートを使って自分の夢をことばにしてみました。擬音だったり、形容詞だったり。
そこから線を描き始めます。
d0079201_1829713.jpg

それらは次第にいろんな形になっていき、紙の彫刻になりました。
d0079201_18282689.jpg

完成した紙の彫刻を美術館の休憩室に持っていきレイアウト。たちまち不思議な空間になりました。
子どもたちが帰ったあと、藤江さんは残って仕上げの作業。目下展示中です。こちらの空間もなんだかわくわくします。お楽しみに!
d0079201_18314752.jpg


これらの作品は、「JAMA展’14 ワークショップ」として3月2日までご覧いただけます。
JAMAホームページ
http://www.geocities.jp/jama2001to06/index.html
[PR]
by nogataartmuseum | 2014-01-05 18:37 | 子供スタッフ

夢を叶える方法

あけましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

さて本日より、子どもスタッフが頑張って準備した展覧会「子どものための美術館9 未来への道」がはじまりました。
朝10時から、子どもスタッフによるギャラリートーク。夢模型の説明や、取材した夢の紹介、七つ道具を使った鑑賞の実践など、約30分のトークを行いました。初日の今日はちょっと緊張気味でしたが、みんなよく頑張りました!次回は1月26日13時30分からです。
d0079201_19254084.jpg

そのあと、グループJAMAによるワークショップ。
今回の展覧会のテーマは「夢」。JAMAの皆さんも「夢」をテーマにワークショップを考えて来て下さいました。
今日は彫刻家の世良伸幸さんの指導で、楠をノミで彫っていく大変な作業。
定員4名。朝から夕方までたっぷり時間をかけて彫りました。
d0079201_2018051.jpg

彫ったあとはつるつるになるまでヤスリがけ。
手にはみんなマメができて絆創膏。筋肉痛にもなって、辛い時間もあったけど…
終了時間が来てもなかなかやめない子どもたち。
最後は、完成した作品を前に充実した笑顔を見せてくれました。
ちょっと感動。
世良さんはおしまいに「夢」についてお話してくれました。
彫刻は作りたい形に向かって一生懸命に作業をします。とても地味で、我慢がいる作業ですが、地道に続けることが完成させる近道。夢を叶えることもそれに似ていると思います。と。
今回の作品は世良さんのあこがれの彫刻家、豊福知徳氏の作品を思い描きながら、自らの夢への決意を形にしたといいます。
d0079201_19353867.jpg

子どもたちが作った作品は茶室に世良さんの作品とコラボする形で展示しました!とってもすてきな展示です。楠の香とともにお楽しみください!
d0079201_1959501.jpg

明日は鶴田正和さんと藤江効平さんによるワークショップです。
どんな作品になるかとっても楽しみです。
[PR]
by nogataartmuseum | 2014-01-04 20:22 | 子供スタッフ