<   2014年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧

今日は第4回目の子どもスタッフ会議でした。
前回に引き続き、大津英敏さんの「女たち」という作品の中に物語を作り、登場人物に子ども達がセリフを考え、声を吹き込みました。もう一方、立花重雄さんの「卑弥呼」という作品にも、子ども達は物語を作り、セリフや役を考えました。今日は、その様子を報告してもらいます。

d0079201_1422338.jpg


今日は、前回のつづきです。ぼくは、特別に録音してもらいました。

d0079201_1423991.jpg


d0079201_1423167.jpg


録音してみると、自分がどれほど棒読みしているのかが分かりました。

またひみこグループもそろったため、ひみこのお話を作りました。

d0079201_14275927.jpg


ひみこの方も力作です。

d0079201_14275053.jpg


ぼくははじゅもんやひみこの力などを考えた所がすごいなあと思いました。
次回の活動が楽しみですね。

(文 子どもスタッフ広報係 わたる、らん、しゅうじ)
[PR]
by nogataartmuseum | 2014-07-19 14:31 | 子供スタッフ

ワークショップのお知らせです!

ぬり絵豆本をつくろう!~ハサミとノリだけ!カンタン!楽しい!~

期日 ①7月27日(日) ②8月9日(土) ③8月20日(水) ④8月24日(日)

時間 11:00-17:00
当日参加OK!材料がなくなり次第終了します。

講師 かわばたたつやさん

参加料 500円(持ち帰り用キット300円)
お子さんでもできる簡単な豆本制作です(所要時間15分程度)。
※大人向けには、中綴じ豆本ノート(ハードカバー)を準備しています。
こちらは所要時間2~3時間。料金1000円、受付は15:00まで。
※入館料別途必要

会場 直方谷尾美術館

d0079201_163044.jpg



お話をつくろう! 定員10名 直方谷尾美術館まで申込・先着順
直方市立図書館でお話を作り、後日直方谷尾美術館で豆本作りをします。

期日 ①7月20日(日) 
②7月27日(日)、8月9日(土)、8月20日(水)、8月24日(日)のいずれか1日をお選び下さい。
 
時間 ①10:00-12:00 ②11:00-17:00

参加料 ①無料

②500円(持ち帰り用キット300円)
お子さんでもできる簡単な豆本制作です(所要時間15分程度)。
※大人向けには、中綴じ豆本ノート(ハードカバー)を準備しています。
こちらは所要時間2~3時間。料金1000円、受付は15:00まで。
※入館料別途必要

会場 ①直方市立図書館 ②直方谷尾美術館

参加対象 ①、②両方ともに参加できる方

「お話をつくろう!」では、直方市立図書館の方からさまざまな絵本の読み聞かせをしてもらい、カンタンな絵だけのお話やストーリーを考えて作る絵本など、アドバイスを受けながら小さなサイズの紙に描いて、2回めに美術館で豆本として製本をします。

以下の写真はその見本です。

d0079201_1647043.jpg


d0079201_16471860.jpg


d0079201_16473330.jpg


d0079201_16474259.jpg


d0079201_16475366.jpg


d0079201_1648277.jpg


d0079201_16481250.jpg


お財布にもすっぽり入る豆本。夏休みの宿題にもぴったり!手づくりできるチャンスです!

どうぞお待ちしております。
[PR]
by nogataartmuseum | 2014-07-17 16:54 | イベント

本年度3回目の子どもスタッフ会議。前回は立花重雄氏の描いた「卑弥呼」という作品と大津英敏氏の描いた「女たち」という作品をグループに分かれて鑑賞。どんな場面が描かれたものなのか、想像を膨らませて見ました。
そんな中、子どもスタッフの中から、絵から想像した物語を劇にしてみたらとの声が。
というわけで、今回は大津英敏さんの作品「女たち」を見て子ども達が想像した物語をもとに、役を割り当てて演じてみました。

以下、子どもスタッフ広報係のレポートです。

今日は3回目の子どもスタッフ会議です。まず、はじめのことば、たにおくん便のふりかえり、とスムーズに行きました。次に、「旅のひとときを味わう展覧会」みました。
d0079201_15264244.jpg

展覧会のテーマは「旅」。とくに電車の旅です。おばけやしきにあるような人形もありました。子どもが好きそうな魚つりもありました。ほかにはせんろのよこをとおっているぶた(※1)の写真などがありました。ゆるキャラの写真がとてもかわいかったです。おもしろかったです。ぜひみなさん見にきてください。
そのあと、お話をつくりました。前回の「女たち」がテーマです。しかしこれはなかなかすすみません。1時間かかってしまいました。げきをして、みんなたのしそうだったです。
d0079201_15275329.jpg

最後に575を書きました。いつもは時間がかかるのが手っ取り早く終わりました。

(文 子どもスタッフ広報係 わたる、らん、しゅうじ)

(※1)実際はおそらくぶたのように見えるネコです。
[PR]
by nogataartmuseum | 2014-07-06 15:33 | 子供スタッフ