<   2014年 10月 ( 11 )   > この月の画像一覧

第46回直方市民文化祭

第46回直方市民文化祭はじまりました。
美術館の展示は11月2日16時まで。
d0079201_937244.jpg

d0079201_9373232.jpg

[PR]
by nogataartmuseum | 2014-10-31 09:40 | NEWS

植木好正水彩画展

直方谷尾美術館の旧電話ボックスを利用した展示スペース「電話室三八番」では、現在「植木好正水彩画展」を開催中です。
一万人を目標に似顔絵を描き続けていることで知られている画家植木好正さんによる小さな小さな展覧会。本展では、様々な年代、場所で描かれた水彩スケッチをご覧頂きます。

会期は、11月30日(日)まで。

d0079201_14525069.jpg



11月9日には、植木好正さんがあなたの似顔絵を描きます!

開催時間は、13:30~16:00
場所は、直方谷尾美術館内にて

なんと!無料で開催されます。
お問い合わせは、美術館まで。
[PR]
by nogataartmuseum | 2014-10-29 14:53 | 電話室三八番

明日10月21日から、第26回MOA美術館直鞍・遠賀児童作品展がはじまります。
直鞍・遠賀地区から集まった子どもたちの入選作、受賞作を展示。
会期は10/21(火)~10/26(水)。
d0079201_16173374.jpg

d0079201_16172667.jpg

[PR]
by nogataartmuseum | 2014-10-20 16:17 | NEWS

今日は河川敷でわくわくフェスタが開催されました。
美術館は、河川敷にゲルを建てて、かざぐるまをつくるワークショップを行いました。
d0079201_1617687.jpg

気持ち良い天気の中(ちょっと暑かったぐらい)、たくさんの方々に参加していただきました。
ありがとうございました。
[PR]
by nogataartmuseum | 2014-10-19 16:21 | イベント

岐阜で開催中のフラッグアート展から戻り、子どもスタッフのみんなに報告をしました。フラッグアートのプレゼンテーションに参加した加藤くんの感想です。

プレゼンテーションの1回めの人はちょうきんちょうしました。2回めの人はきんちょうしました。しょうがとれてうれしかったです。 ぎふの町はとかいで、のおがたは、まけていました。ざんねんでした。

d0079201_16354959.jpg

子どもスタッフで撮影した様子です。
そして、今日はねぶた風オブジェの和紙をはる作業をしました。その間、美術館に人力車がやってきました。それでは、今日の報告を子どもスタッフにしてもらいましょう。


d0079201_16364535.jpg

d0079201_16365248.jpg


第11回目、子どもスタッフ会議のほうこくをします。
今日は、ねぶた風オブジェの和紙はり作業をしました。
d0079201_16361651.jpg

d0079201_16363496.jpg


のりがおもうようにつかず、かなり手こずりました。
みんながんばっていました。
d0079201_16371457.jpg

d0079201_1637895.jpg

d0079201_163723.jpg


そして、後は文字で書くビックフラッグ! 五七五をやるつもりだったのですが、和紙はりさぎょうがおそくなりできませんでした。
次はねぶた風オブジェ作り完成までする予定です。

(文 子どもスタッフ広報係 わたる、らん、しゅうじ)
[PR]
by nogataartmuseum | 2014-10-18 16:59 | 子供スタッフ

子どもスタッフたちがやってくれました!
岐阜で開催中のフラッグアート展でプレゼンテーション賞を受賞しました。(フラッグアート展2014ホームページ)

以前より本ブログの子どもスタッフレポートでお伝えしていましたが、現在岐阜で行われているフラッグアート展に、子どもスタッフが制作したビッグフラッグを出品しています。
子どもスタッフは度々、直方の商店街でビッグフラッグを飾っていましたが、今回は街の外に飛び出しての展示となりました。
描いたのは直方の街の昼と夜の様子。街中に猫を登場させ、子どもたち一人ひとりが猫たちに思いを込めました。(出品作一覧)

このフラッグアート展の大きな特徴として、現地での公開審査があります。審査委員長の日比野克彦さん、そして野村幸弘さん、堀越英嗣さん、古田菜穂子さん、4名の審査員の方々を前に、出品者がプレゼンをします。
子どもスタッフからは、しゅうじくんが代表でプレゼンをしました。岐阜の商店街に展示された自作のフラッグの下、順番に見に来られる審査員一人ひとりにプレゼンをするので、計4回行うことになります。しゅうじくん、はじめはとっても緊張したそうですが、回を重ねるごとに余裕が出てきました。照れながらも、堂々と説明してくれました。
d0079201_1133721.jpg

d0079201_1152152.jpg

その日の内に審査、講評が行なわれ、子どもスタッフの作品にもたくさんの言葉をいただきました。
今回は全国から152点の応募があったそうです。
子どもスタッフのみんなおめでとう!
d0079201_1154717.jpg

d0079201_112462.jpg

[PR]
by nogataartmuseum | 2014-10-15 11:20 | 子供スタッフ

理聲会社中展

宮山理聲先生から書を学ばれている方々の展覧会「理聲会社中展」が始まりました。19日(日)まで。
d0079201_10111536.jpg

d0079201_10112230.jpg

[PR]
by nogataartmuseum | 2014-10-15 10:12 | NEWS

高取伝世品展

官兵衛プロジェクト内ヶ磯窯開窯400年記念事業「五千人茶会」の関連イベントとして、高取焼伝世品展を直方谷尾美術館の常設展示室で開催。会期は明日7日(火)から12日(日)です。
http://www.city.nogata.fukuoka.jp/library/shihou/shihou260901/5000chakai_1.pdf
[PR]
by nogataartmuseum | 2014-10-06 17:35 | NEWS

第4回日本画合同作品展

明日7日(火)から13日(月・祝)まで、第4回日本画合同作品展が開催されます。森田秀樹氏に指導を受けている「直方日本画教室」「日本画さつき会」「若宮日本画教室」の3教室の会員の近作100点余りが展示されています。
d0079201_17241346.jpg

d0079201_17242018.jpg

[PR]
by nogataartmuseum | 2014-10-06 17:26 | NEWS

気が付けば10月。展覧会「子どものための美術館」開催まであと3ヶ月をきりました。
今日の子どもスタッフ会議は、平面で描かれた絵を立体にする試み。絵には描かれていない部分も想像してつくります。難しそうな内容ですが、子どもたち頑張りました!以下、子どもスタッフによるレポートです。


今日はねぶた風オブジェ作りをしました。
「大きな木」と「夜の歌」という絵を立体的にしました。
d0079201_16594173.jpg

「大きな木」には、はっぱがついていたり、くだものがついていたりします。
木で体をささえるものを作り、はりがねで骨組みをつくります。
d0079201_16594927.jpg

骨組みの中にライトを入れ和紙をはって完成です。
今日ははりがねの骨組みのとちゅうです。
d0079201_16441136.jpg

むずかしかったけど、楽しい作品ができそうです。
次もがんばろうと思いました。

(文 子どもスタッフ広報係 わたる、らん、しゅうじ)
[PR]
by nogataartmuseum | 2014-10-05 17:03 | 子供スタッフ