<   2015年 03月 ( 8 )   > この月の画像一覧

四宮佑次写真展準備中

朝ドラ「マッサン」も終わってしまいました。今年度もいよいよ終わりですね。

さて、直方谷尾美術館では4月4日から「四宮佑次写真展 風に吹かれて」を開催します。展示作業は順調に進んでおります。作品数90点。しびれます。ぜひたくさんの方々に見ていただきたい!

写真家四宮佑次さんのTV出演のお知らせです。3月30日(月)NHK北九州「ニュースブリッジ北九州」のトークブリッジというコーナーにご出演されます。ご覧になれるエリアの方はチェックしてくださいね。

直方谷尾美術館HP
http://yumenity.jp/tanio/event/shinomiya/shinomiya.html
d0079201_18112523.jpg

d0079201_18134935.jpg

[PR]
by nogataartmuseum | 2015-03-28 18:15 | 企画展

3ヶ月に渡る展覧会、「子どものための美術館」が本日にて終了しました。

それとともに、平成26年度子どもスタッフ活動も修了となります。
閉館時間間際に、修了式を行いました。


子どもスタッフには、活動の修了証を。サポートスタッフには、感謝状をそれぞれ武内館長より手渡されました。
d0079201_19225487.jpg


展覧会終了後は、展示物は全て撤去されてしまいます。その前に、子どもスタッフ一同記念撮影。
d0079201_19231552.jpg


その後は、展示の一部であった「ゲル」を協力して片付けました。
d0079201_19232941.jpg


ご協力いただいた皆様、ご来館いただいた皆様、ありがとうございました。
[PR]
by nogataartmuseum | 2015-03-22 19:30 | 子供スタッフ

ふわふわボール

今日は子どもスタッフによる簡単工作教室がありました。

d0079201_17193765.jpg


男の子3人が講師です。
何人いるのか楽しみに来てくれました。
d0079201_17195617.jpg

d0079201_17201642.jpg


工作には、小さな子どもから大学生、たまたま来館していた女性など加わり、作り方を教えてもらいました。
小さなふわふわしたボールを透明なコップに入れるのですが、小さな子どもがたくさん入れていました。
コップに絵を描いたり、ビニールテープをつけて、ストローをつけて出来上がると、
息を吹き込みます。。。 すると。。。
d0079201_1730322.jpg

d0079201_17202940.jpg

中に入ったボールが勢いよく回ります。

d0079201_17205531.jpg


今回で、子どもスタッフが教える工作教室は終了ですが、子どもスタッフはこのような機会があればもっと大人数きてやりたいということでした。
[PR]
by nogataartmuseum | 2015-03-15 17:34

ねんどのパティシエ

14日は、ホワイトデーでした。
子どもたちにパティシエになってもらい、紙粘土を使ってケーキを作りました。

d0079201_961711.jpg

d0079201_963451.jpg


事前に、紙粘土にたくさん水を含ませて、ドロドロな状態にしておきます。
クリーム状態になった紙粘土を、ベタベタと型に塗りつけていきます。

d0079201_991676.jpg

d0079201_973822.jpg


クリームを絞ったあとは、ビーズやビー玉などを使って飾りつけです。
おうちの方も一緒になって、ケーキ作りを手伝います。

d0079201_99029.jpg


完成するには、紙粘土が乾くまで一週間。箱に入れてケーキをお持ち帰りしました。
d0079201_9111948.jpg

d0079201_912366.jpg

d0079201_9125261.jpg


おうちにかざって楽しんでね!
[PR]
by nogataartmuseum | 2015-03-15 09:16

直方出身の俳人、野見山朱鳥(故人)が創刊、その後妻のひふみさんが引き継ぎ、63年もの歴史を歩んできた俳誌「菜殻火」が、4月号で終刊するそうです。
菜殻火の表紙絵やカットには多くの作家がたずさわっており、中には野見山朱鳥と交流のあった坂本繁二郎や棟方志功が手がけたものもあります。
現在、直方谷尾美術館では、美術館が収蔵する野見山朱鳥の版画6点と、書「生命諷詠」、墨彩画2点、油彩画1点(子どものための美術館会場内)、さらに直方市立図書館が所蔵する「菜殻火」の中から、坂本繁二郎や棟方志功が表紙を手がけた時の号など6点を展示しています。

朝日新聞記事「故・野見山朱鳥さん創設の俳誌「菜殻火」、終刊へ」
d0079201_115155.jpg

[PR]
by nogataartmuseum | 2015-03-13 11:56 | NEWS

今日は、今年度最後の子どもスタッフによるギャラリートークでした。トークの後に、藍の家弦楽四重奏団コンサートが控えていたので、いつもよりお客さんが多く、みんな緊張しているようでした。子ども達と学芸員で行う対話型鑑賞では、当館でまだ作者の特定ができていない謎の作品について、意見を交わしました。
d0079201_16312549.jpg

トークのあとは、コンサート。毎年恒例となった藍の家弦楽四重奏団の皆さんによる演奏です。モーツァルトの「狩り」。素敵な演奏会でした。
d0079201_16311613.jpg

ご来場の皆様、ありがとうございました!
[PR]
by nogataartmuseum | 2015-03-08 16:56 | イベント

本日の簡単工作教室は、満員御礼となりました。参加できなかった方もいらっしゃいますので、本日の様子を紹介していきます。

きらきらペーパーウェイトは、シーグラスや、貝殻、ビー玉、陶片など海辺に打ち上げられたものを使ってつくります。

d0079201_15242446.jpg

机の上に広げられたものを選んで、
d0079201_15243157.jpg


お菓子の箱などに入っているプラスチックの箱に、シーグラスなどを置いていきます。そのとき、ボンドをつけていきます。
d0079201_15243917.jpg

d0079201_15244520.jpg


どんな配置で置くか、ちゃんとくっつくか確かめながらひとつひとつつけていきます。

ボンドが乾くまで1週間。
d0079201_15245186.jpg

d0079201_15245417.jpg


乾いたら、プラスチックをハサミ等で切ったり、ひっくり返したりして中身を取り出します。
ボンドが乾くまで、我慢するのも今回のポイントです。
d0079201_15241931.jpg




簡単工作教室は、あと14日(ねんどのパティシエ),15日(ふわふわボール),21日(ピーナッツブローチ)を残すところとなりました。
まだまだ参加者を募っておりますので、こちらもどうぞよろしくお願いします。
[PR]
by nogataartmuseum | 2015-03-07 15:38 | イベント

雨ですね。
直方市では昨日から「ゆた~っと直方節句まつり」がはじまりました。
直方谷尾美術館はスタンプラリー会場ではありませんが、お雛様、玄関に飾らせてもらっています。
当館は、古い病院を改装した美術館。国の登録有形文化財でもあります。ゆた~っと歩きながら、立ち寄ってみませんか?

只今の展示は次のとおりです。
①子どものための美術館10
 美術館に所属する子どもスタッフが準備した展覧会。美術館の収蔵品を子どもの視点で紹介します。
②松本佳代切り絵の案内状の原画展
 昔の電話ボックスの中での小さな小さな展覧会です。
③野見山朱鳥ミニ展示
 俳人野見山朱鳥の版画など数点。
④常設展示
 絵画、陶器。
観覧料
一般100円、高大生50円、中学生以下無料

「ゆた~っと直方節句まつり」の応援ホームページ
http://hinamaturi.jp/event/
d0079201_9534759.jpg

[PR]
by nogataartmuseum | 2015-03-01 09:57 | NEWS